ETCカードの種類

2009年に地方高速道路の料金上限が1000円になったことから、爆発的に普及しはじめたETCカードですが、現在ではその普及率は90%程度にもなるようですね。
利便性が高いものなので、これからETCカードを持ちたいという人も少なくありませんよね。
ETCカードと言っても様々なものが発行されており、何を基準にして選ぶかによってお勧めのカードは異なってきます。
中でも、直ぐにでもカードが必要だという場合は、即日発行可能なETCカードを選択すると良いでしょう。

 

では、即日発行できるETCカードはどんなものがあるかと言うと、基本的に選択肢は多くありません。
何故ならETCカードはクレジットカードと同様の機能を持っているものであり、誰でも作ることができるわけではないからです。
ETCカードにも様々な種類がありますが、基本的にはETC専用のカード、またはクレジットカードの機能が付帯したものの2種類があります。
いずれにしても発行する会社としては信用取引をすることになるので、申込みをした人が社会的に信用できる人かどうかを判断するための審査が行われます。
この審査の期間についてですが、一般的には1週間から2週間程度かかるものなので、ほとんどのETCカードで即日発行に対応していないのです。
審査スピードの早いカードならありますが、それでも手元に届くまでに1週間程度はかかってしまいますので、直ぐにでも欲しい人にとってはちょっと時間がかかりすぎだと言えるでしょう。

 

そこで即日発行に対応しているETCカードを紹介しておくと、セゾンインターナショナルカードとセゾンパールカードの2つがあります。
現在のところ即日発行に対応しているETCカードはこの2種類のみとなっていますので、いずれかを選択しなければいけません。
ただし、ともかく申込みをして審査にさえ通過すれば即日で発行してもらえるというものでもなく、WEBから申込みをした後に即日発行に対応しているセゾンカウンターへと足を運ぶ必要があります。
この条件が満たせない場合は、即日発行でETCカードを手に入れることができませんので、充分に注意しておいて下さい。

 

いずれのカードを申し込むにしても、良く間違ってしまいがちな注意点がありますので紹介しておきます。
WEBで申込みをする時に、セゾンカウンターで受け取りという項目にチェックを入れるのですが、次のページでETCカード欄は申し込まないというのを選択する必要があるのです。
一般的にETCカードを申し込むのであれば、このチェックを入れておくのですが、即日発行する場合は必ず申し込まないというのを選択して下さい。
ここで申し込むとしてしまうと、カードとは別に後日ETCカードが郵送されてしまうからです。